Sponichi

長友 セリエA復帰も!来季1部昇格ベネベントが獲得興味、豊富な経験に期待 – スポニチアネックス Sponichi Annex

長友 セリエA復帰も!来季1部昇格ベネベントが獲得興味、豊富な経験に期待 – スポニチアネックス Sponichi Annex

 4日付のイタリア紙トゥットスポルトが、来季セリエAに昇格するベネベントが長友の獲得に興味を示していると報道。元イタリア代表FWのF・インザギ監督率いるベネベントは来季に向けた補強に動いており、日本代表で歴代2位タイの国際Aマッチ122試合に出場し、10~11年にチェゼーナ、11~18年に名門インテル・ミラノでセリエA通算186試合に出場したベテランの豊富な経験に期待を寄せているという。  18年1月に強豪ガラタサライに加入した長友は、公式戦65試合(3得点)に出場して昨季までリーグ2連覇に貢献した。今冬から外国人選手の人数規定のため登録を外れて出場機会のない状態が続いていたが、6月末で契約が満了。最後の練習で感極まって涙する姿が3日にクラブのSNSで公開された。ツイッターでJリーグの原博実副理事長から「佑都、愛されていたね!新しいチームでの活躍を期待しているよ」という激励に「ありがとうございます!頑張ります!」と意気込みを記していた。  イタリアメディアではUAEのアルナスルに移籍する可能性も報じられた。5月には元同僚の羽生直剛氏とのネット対談で古巣FC東京に対する愛着を語っていた。「22年W杯カタール大会を目指す」と自身4度目のW杯出場を目標に掲げている左サイドバックが、どのような決断を下すか大きな注目を集めそうだ。  ▽ベネベント 1929年創設。イタリア南部カンパニア州ナポリ近郊のベネベントが本拠地。クラブ史上初のセリエA昇格を果たした17~18年は欧州5大リーグワーストの開幕14連敗を喫するなど最下位で降格。今季は元イタリア代表FWのインザギ監督の下、セリエBで首位を独走し7試合を残して優勝と2度目のセリエA昇格を決めた。ホームスタジアムはチロ・ビゴリト(1万6867人収容)。

【ラジオNIKKEI賞】バビット 代打内田で3連勝!直前乗り替わり何の「どんどん加速」5馬身差 – スポニチアネックス Sponichi Annex

【ラジオNIKKEI賞】バビット 代打内田で3連勝!直前乗り替わり何の「どんどん加速」5馬身差 – スポニチアネックス Sponichi Annex

 夏の福島開幕を告げる3歳G3「第69回ラジオNIKKEI賞」が5日、福島競馬場で行われ、8番人気バビットが圧巻の逃げ切りV。急きょ乗り替わりとなったベテランの内田博幸(49)が好騎乗で重賞初制覇に導いた。阪神でのサマースプリントシリーズ第2戦「第56回CBC賞」は13番人気ラブカンプーが逃げ切って3連単244万円超の大波乱を演出し、2年目の斎藤新(19)ともども重賞初勝利。函館11Rの巴賞を含め3場メインは全て逃げ切りだった。  まさに圧逃劇。8番人気のバビットが5馬身差の逃げ切りだ。「こんないいパフォーマンスができるとは。能力は出せたのかな」。ド派手な勝ちっぷりとは裏腹に、手綱を取った内田は控えめに喜びを口にした。  謙虚に話したのは、直前での乗り替わりだったから。騎乗予定だった2年目の団野が7Rで落馬負傷。急きょ手綱を託された。「代打を任されても、仕事を精いっぱいやるのが騎手。団野君は事故があって乗れなかった。良い競馬をして、バトンタッチしてあげたかった」。人情派のベテランは特別な思いで代打騎乗に臨んだ。  最内枠から絶好のスタート。勢いのままに主導権を奪い、マイペースで逃げた。「いつも前に行っていてスタートが速かったので、下げる必要はないなと。4角では手応えがあって、どんどん加速してくれた」。直線へ入りじわじわ加速すると直後にいたライバルたちをみるみる突き放し2着パンサラッサに5馬身差でゴール。初めてのやや重馬場も意に介さず未勝利→早苗賞からの3連勝で重賞初Vを果たした。  馬の持ち味を生かす好エスコートで最高の結果を残した内田は、エプソムC(ダイワキャグニー)に続くJRA重賞52勝目。一方で団野には重賞初制覇もかかっていただけに「まだまだ若い。いい馬も乗れると思うので、これをバネにしてもらって、タイトルを獲ってくれれば」と若手へのエールも忘れなかった。  浜田師は「びっくりしました。馬の状態は良かったので、どれだけ走るかなと思っていた。騎手がうまく能力を引き出してくれた」と笑顔。今後については「ずっと使ってきたので、リフレッシュ放牧へ。秋は大きいところを目指して、考えていきたい」と菊花賞(10月25日、京都)も見据える。パドックでは誘導馬に絡もうとするなど、子供っぽさも残るが「未勝利から体重は変わらなくても中身はついてきている。伸びしろはある」とさらなる成長に期待を寄せる。夏の福島で強烈なインパクトを残した上がり馬から、今後も目が離せない。  ◆バビット 父ナカヤマフェスタ 母アートリョウコ(母の父タイキシャトル)牡3歳 栗東・浜田厩舎所属 馬主・宮田直也氏 生産者・北海道浦河町の大北牧場 戦績5戦3勝 総獲得賞金5878万4000円。

明石商・中森、好救援3回無失点 前日の智弁和歌山戦に続く圧巻投球 – スポニチアネックス Sponichi Annex

明石商・中森、好救援3回無失点 前日の智弁和歌山戦に続く圧巻投球 – スポニチアネックス Sponichi Annex

 今秋ドラフト上位候補で最速151キロ右腕の明石商・中森俊介投手(3年)が5日、社との練習試合に7回から救援登板。3回を投げ5奪三振で2安打無失点と、5回で11三振を奪った前日4日の智弁和歌山戦に続いて好投した。  最速は146キロを7回に2度計測。いずれも決め球として見逃し三振を奪った。「どんどん打ち取っていこうと、リズムよく投げました。あの場面は狙いにいきました」と話し、狭間善徳監督も「ちょっとは余裕が出てきたのかもしれない」と安どしていた。  同じく今秋ドラフト候補の来田涼斗外野手(3年)は「1番中堅」でフル出場し、4打数無安打1四球(1盗塁)だった。

巨人・田口 3回1安打無失点、32球で緊急降板 サカマルのアベック弾で2回までに4点援護もらうも – スポニチアネックス Sponichi Annex

巨人・田口 3回1安打無失点、32球で緊急降板 サカマルのアベック弾で2回までに4点援護もらうも – スポニチアネックス Sponichi Annex

 巨人の7年目左腕・田口麗斗投手(24)が中日戦(東京D)に先発登板。3回1安打無失点と好投を続けていたが、4点リードで迎えた4回のマウンドには上がらず、緊急降板となった。何らかのアクシデントがあったものと思われる。  田口は初回を3者凡退に仕留め、2回は1死から高橋に右前打されたものの続く阿部を遊ゴロ併殺打に斬って取り、3回も3者凡退の好投。それに応えるように打線は初回に3番・丸が4試合ぶりの一発となる2号3ランで先制すると、2回には2番・坂本も2戦連発となる3号ソロを放って4―0と序盤で4点を援護した。  田口はあと2イニング投げれば勝利投手の権利を得られるところだったが、4回のマウンドにその姿はなし。2番手として3年目右腕・鍬原が上がり、緊急登板となった鍬原は先頭・平田に四球を与えたものの、後続は凡退に抑えてこの回も無失点でつないだ。  田口の投球内容は3回で打者9人に対して32球を投げ、1安打無失点。2三振を奪い、四死球はなかった。

明石商・中森が5回1失点11Kの好投 スカウトもほれぼれ「何の心配もない」 – スポニチアネックス Sponichi Annex

明石商・中森が5回1失点11Kの好投 スカウトもほれぼれ「何の心配もない」 – スポニチアネックス Sponichi Annex

 甲子園の交流試合に出場する明石商と智弁和歌山が4日、練習試合を行い、明石商が4―1で勝利。先発した今秋ドラフト上位候補の中森俊介投手(3年)が今年の実戦で初先発し、5回72球を投げ1安打1失点で11三振を奪う好投だった。  「初回はあまり考えないように、と考えすぎてしまった。これまでもずっと課題にしている。ただ、初回をしっかり抑えることができれば乗っていけるとも思いました。そこを意識してこれからもやっていきたい」  立ち上がりこそ智弁和歌山の先頭の今秋ドラフト候補・細川凌平(3年)に四球を与え、暴投なども絡んで先制点を許したが、2回からはほぼパーフェクト。外野にすら打球を飛ばさず、フォークやチェンジアップの落ちる変化球もさえた。4回は圧巻の3者連続三振。見守ったプロ9球団27人の前で、この日の最速148キロの直球とのコンビネーションで評判に違わない力を見せつけた。「9回あっても投げきれたと思う」とスタミナの心配もなさそうだ。  相手の智弁和歌山の今秋ドラフト候補・小林樹斗投手(3年)も6回から登板し、3回を無失点。最速こそ同じ148キロだったが、中森は「まっすぐに関しては比較しても小林の方が上。自分はノビ、キレもまだまだ及ばない」と唇をかむ。「立ち上がり」「直球の質」と課題がはっきりしてきたことは大きな収穫だ。阪神の熊野輝光スカウトも「変化球がいいのはわかっているので、真っすぐがくるともっと良くなると思う。でも、何の心配もないですね」と改めてほれぼれしていた。

大谷 キャンプ再開初日からブルペン入りして37球 マドン監督「準備はできている」 – スポニチアネックス Sponichi Annex

大谷 キャンプ再開初日からブルペン入りして37球 マドン監督「準備はできている」 – スポニチアネックス Sponichi Annex

[ 2020年7月4日 05:35 ] キャンプ再開初日にブルペン入りした大谷(撮影・奥田 秀樹通信員)Photo By スポニチ  エンゼルスの大谷翔平投手(25)が3日(日本時間4日)、本拠地エンゼルスタジアムでキャンプ再開初日を迎え、ブルペン入りした。  直球の他にスプリット、カーブ、スライダーと全球種、計37球を投げた。新型コロナウイルス感染を防ぐため、練習を見守った投手コーチ、ブルペンコーチ、通訳らは全員マスクを着用し、5メートル以上距離を離れて見守った。大谷の球を受けたブルペン捕手もマスクを着用した。主砲のトラウトはオンライン会見で「家族の健康が最優先事項」と話し、マスクを着用してベースランニングを行った。  ジョー・マドン監督は練習前のオンライン会見で、大谷に関して「投げても打っても、彼の状態はとても良い。私よりずっと前から彼のことを見ているスタッフたちは特に印象付けられている。五体全部がうまくいっている感じ。プレーの準備はできている」と話した。 続きを表示 「大谷翔平」特集記事 エンゼルス・大谷、投手部門で最も楽しみな選手に選出「誰も成し遂… [ 2020年7月4日 05:30 ] エンゼルス、キャンプで紅白戦増 二刀流・大谷VS若手有望株が真剣… [ 2020年7月2日…

渋野日向子 進化した点は?の質問にしぶこ節さく裂、開幕戦予選落ち後は毎日クラブ握る – スポニチアネックス Sponichi Annex

渋野日向子 進化した点は?の質問にしぶこ節さく裂、開幕戦予選落ち後は毎日クラブ握る – スポニチアネックス Sponichi Annex

 昨年、自身2勝目を手にした今大会のコンセプトは「強く、美しく、輝くとき」だった。会見では、1年前よりも進化した点を問われて「難しいですねえ…。去年よりは強くもなく、美しくもなく、輝いてもないと思います」としぶこ節で笑いを誘った。  前週行われた今季開幕戦のアース・モンダミン・カップでは予選落ち。翌日から毎日、練習やラウンドなどクラブを握り、次戦に備えている。「今、やってきてることはいろんな意見があるかも知れないですけど。私の中では間違ってないと思うので。これからもずっと次の試合のために、続けていけたら」と話した。  一方、予選落ちの影響も多少はあった。リカバリー方法については「やけ食いはしなかったですけど、確実にお菓子を食べる量は増えましたね(笑い)おっとっと食べたりとか。何食べたかな、なんかいろいろ食べました」と、21歳らしい素顔ものぞかせていた。

サントリーに超大物 B・バレット加入 – スポニチアネックス Sponichi Annex

サントリーに超大物 B・バレット加入 – スポニチアネックス Sponichi Annex

 ラグビートップリーグ(TL)のサントリーは3日、ニュージーランド代表SO/FBで16、17年に世界最優秀選手賞に輝いたボーデン・バレット(29=ブルーズ)と契約を結んだと発表した。契約は21年シーズンの1年間とみられ、年俸は英デイリーメール紙(電子版)によれば78万ポンド(約1億500万円)。サントリーはB・バレットの来日後に入団会見を開く予定。  オールブラックスで通算83キャップを誇るB・バレットは、10年に同国の7人制代表に選出されると、翌11年にハリケーンズでSRデビュー。12年には15人制でも代表に初選出され、13年11月には東京・秩父宮ラグビー場で行われた日本代表戦にも15番で先発フル出場し、1トライ2ゴールを挙げた。W杯は15、19年と2大会連続で出場。昨年の日本大会では弟のスコット、ジョーディーとの3兄弟同時出場の偉業を果たした。  B・バレットはニュージーランド協会やブルーズと23年までの契約を結んでおり、今回の来日は同国協会が一部のトップ選手のみに許すサバティカル(長期休暇)制度を利用するもの。新型コロナウイルスの影響で打ち切りとなった今季のトップリーグでも、ブロディ・レタリック(神戸製鋼)やサム・ホワイトロック(パナソニック)が同制度を利用して来日している。  サントリーは今季限りでFB松島幸太朗やSOマット・ギタウ、小野晃征が退団。両方のポジションをこなし、世界屈指の攻撃力を誇るフットボーラーの加入は大きな戦力補強となる。また司令塔としてプレーする場合は、日本代表のSH流大や期待の新人・斉藤直人とのコンビネーションにも注目が集まる。  B・バレットはサントリーを通じて「私はサントリーサンゴリアスへの入団をとても楽しみにしていますし、家族としても日本のライフスタイルや文化を経験できる事を楽しみにしています。2019年のラグビーワールドカップの期間、日本で過ごした時間は大好きな時間であり、その時の経験が、是非また日本へ戻りたいと思うきっかけになりました」とコメントした。

【英・G1エクリプスS】ディアドラ仕上がり自信!最強エネイブル倒すぞ – スポニチアネックス Sponichi Annex

【英・G1エクリプスS】ディアドラ仕上がり自信!最強エネイブル倒すぞ – スポニチアネックス Sponichi Annex

 JRAが馬券を発売する英G1「エクリプスS」(日本時間5日午後11時35分発走)に、現地時間1日に最終追い切りを終えた日本馬ディアドラ(牝6=橋田)が参戦。これまでドバイ、香港、英国、アイルランド、サウジアラビアに遠征した国際派牝馬。当レース連覇に挑む世界最強牝馬エネイブルと今回が初対戦。目標に掲げる凱旋門賞に向けて必見の一戦だ。同レースの出走馬と枠順は3日に確定する。  英国ニューマーケットで調整中のディアドラ。19年春から拠点を移し、1年以上も世界の舞台で戦ってきた。20年の目標を凱旋門賞に掲げ、初戦は海外5カ国目となるサウジアラビアに遠征。モハメドユスフナギモーターズCはゴール前鋭く伸びたが、惜しくも2着に敗れた。英G1ナッソーS以来の海外Vはならなかったが、日本のファンに奮闘する走りを届けている。  橋田師は「なかなか勝てないレースが多いね」と悔しそうに振り返るが「日本とはコースも物凄く違うからね。特に、英国は別物。それでも対応はできている。日本馬の可能性を証明できていると思います」と愛馬の健闘を称える。  コロナ禍で欧州の競馬は中止が相次ぎ、深刻な状況が続いた。英国競馬は6月から再開され、伝統のG1エクリプスSへの参戦を決めた。橋田師は「凱旋門賞に近いコースの方がいいかなと。サンダウン競馬場は小さな起伏がたくさんあって、より近いコースだと思う」と説明。「肉体、精神的にもタフじゃないと走れないが、それなりに経験も積み重ねてきたからね。こなしてくれるんじゃないかな」と手応えを口にする。  レースの2週間前にはサンダウンでスクーリングを行い、芝コースを駆け抜けた。1週前追いはコンビを組むマーフィーが騎乗。  現地時間1日には英ニューマーケット調教場のポリトラックコースで最終追いを行い、しまいを伸ばした。騎乗した込山助手は「今日の追い切りは最初は軽めに入り、しまいを伸ばす形で行いました。動きも良く、調整は順調だと思います。調教後の息の入りも良かったですし、このままレースまでしっかりと調整していきたいです」と好感触を伝えた。現地スタッフから送られてくる動画をチェックする橋田師は「毎日見ているし、動きもよく見える。順調に来ていますよ」と仕上がりに太鼓判を押す。  豪華な顔触れがそろった好カード。凱旋門賞2勝のエネイブルは昨年に続き、ここから始動し当レース連覇に挑む。指揮官は「フランスの馬を除けば、凱旋門賞に出るフルメンバーがそろった。相手としては非常に手ごわいですね」と語るが「これだけそろうことは、なかなかない。面白い競馬になるのでは」と期待を寄せた。後輩・秋華賞馬のクロノジェネシスが先週の宝塚記念を圧勝。“ジャパン牝馬”が、世界のビッグレースでも躍動する。  【エネイブルの厩舎はもう1頭有力馬登録】昨年の覇者エネイブルを管理する英国のJ・ゴスデン厩舎からは、英G1プリンスオブウェールズSを圧勝したロードノースもエントリー。同厩舎は18年にもロアリングライオンで勝っており、同レース3連覇が懸かる(通算では4勝)。英G1コロネーションCを逃げ切ったガイヤースや、アイルランドの名門A・オブライエン厩舎が送り込む凱旋門賞4着馬ジャパンも参戦する。  ▽エクリプスS 英国のサンダウン競馬場で行われる1886年創設の約2000メートルのG1。1764年に生まれた伝説の名馬「エクリプス」にちなんでレース名が名付けられた。エクリプスは18戦全勝で最後は戦う相手がいなくなり引退したと言われる。エクリプスは種牡馬としても大成し、現在のサラブレッドの父系をたどっていくと、多くはエクリプスにたどり着く。創設当初は英国では最も賞金が高く、英国の「上半期最強中距離馬決定戦」の位置付けとなっている。2017年にコースが再計測され、芝1990メートル(9F209ヤード)で施行。例年は3歳以上だが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で日程変更となり、4歳以上に条件変更。

プロ野球、球団別平均年俸 ソフトBが7131万円で2年ぶりトップ 2位は巨人6107万円 – スポニチアネックス Sponichi Annex

[ 2020年6月30日 06:30 ] 2020年・年俸調査結果Photo By スポニチ  日本プロ野球選手会は29日、今季開幕時の支配下登録選手(外国人選手を除く)を対象にした年俸調査結果を公表した。  球団別の平均年俸ではソフトバンクが7131万円で2年ぶりにトップとなった。昨季トップの巨人は6107万円で2位。8連勝中でパ・リーグ首位を快走するロッテが12球団最安値となる3035万円だった。  対象となった全727選手の平均年俸は4189万円。3年連続で過去最高を更新し、初めて4000万円台に到達した。年俸1億円以上の選手は8人増えて75人となった。過去最高は11年の80人。 続きを表示 「大谷翔平」特集記事 「まもなく 大谷ショータイム」 大リーグ公式ツイッターが大谷二… [ 2020年6月27日 02:30 ] 大谷 開幕から二刀流!エ軍・マドン監督「開幕から先発いける」 6… [ 2020年6月26日…